ダイエット中のポイントは低カロリーだけじゃない!?満腹感のメカニズムとは?

低カロリーと満腹感を両立する方法

満腹感を感じるために必要なこととは?

ダイエッターの方に質問です。

「ダイエット中に一番難しいことは何でしょう?」

「一番くじけそうになるポイントはどこでしょう?」

この質問に対する答えは、もしかしたら大半の人は同じようなことを言うかもしれません。

つまり、ダイエットの一番の壁…それは「食欲」だということ。

人間に生まれついたからには、食欲は避けて通れません。

ですからほとんどの人がダイエット中に一番気を遣うのが、この食欲をコントロールすることです。ダイエット中は食事制限をする方が大半ですから、当然ですね。

ところがいくら気を遣ったところで、おなかはすくものです。空腹感を紛らわせるのは苦労します。

むしろ、この空腹をなんとかできれば、ダイエットは成功へと大きく近づきますね。


そこで、低カロリーな上に満腹感を感じられるためにはどうすればいいのでしょう?


その前にまず、満腹感について簡単にご説明します。


食事をとることによって、身体の中で起こる反応として「血糖値」の上昇があります。

この血糖値が上がることによって、満腹中枢が刺激され「おなかいっぱい」と感じることができるのです。

ちなみに、血糖値は急上昇させるとその後の急降下を招きます。血糖値が下がると空腹感を感じますので、血糖値はなるべくゆるやかに上がるように気を付けなければなりません。そうすると下がり方もゆるやかになるので、すぐにおなかがすくことはありません。


また別の要素として、一口に「満腹感」といっても、実は満腹感には心理的な要素が多いのです。

・実際に胃が満たされることでの満腹感(生理的満腹感) の他に、

・見た目や匂いなどから感じる満腹感(感性満腹感)

・誰かと一緒の食事や、感謝して食べる事などによるもの(社会的満腹感)

というように、食べる上での「気持ち」が「満腹感」につながるのです。


ダイエット中だからといって、砂を噛むような味気ない食事を我慢するのでは、少なくとも心理的満腹感は感じられません。 カロリーだけに注目して好きでもないものを我慢して食べているより、メリハリをつけて食べた方がよっぽど満足感が増しますよね。

ですから、ダイエット中の満腹感には工夫が必要。


ここから導き出される「満腹になるために必要な事」とは…

「血糖値をゆるやかにあげ」「食べるのにプラスの気持ちを感じられるもの」です。


具体的には次で書きたいと思いますが、そんな面倒なことできない…手っ取り早く、低カロリーでおなかいっぱいにしたい、という方には、市販の商品を利用するのがいいでしょう。


健康コーポレーションの豆乳クッキーは低カロリーなのに、満腹感がすごいという口コミが多く、たくさんのダイエッターに選ばれてきた超ロングセラーダイエット食です。

カロリーは1食分146kcalしかないので、このクッキーを食事の代わりにするだけで、大幅な摂取カロリーカットになります。

「きちんと食べる」ことを意識した製品ですので、ドリンクタイプの置き換えなどでは空腹感に耐えられなかった人でも、豆乳クッキーなら大丈夫かもしれません。

ダイエット中の空腹感を我慢するのが難しい方には本当におすすめです。

ほんのり甘いクッキータイプなのも、普通のおやつのようで取り入れやすいですよね。

ダイエット中におやつを我慢するのがツラいという甘いもの好きな方にも、このクッキーなら罪悪感全くなしで食べられますし、好きなものが食べられるのは気持ちも満たされますよね。

好きなものを我慢する精神的なストレスがなくなりますので、ダイエットに挫折する可能性が低くなるかもしれませんね。

きっとダイエットを大幅に後押ししてくれるでしょう。

こちら 誘導先へのリンク(当方が実施します。)

低カロリーよりも注目すべきは○○!?満腹感を感じられる食材の共通点

低カロリーだけじゃなく、食物繊維が満腹感には必要

「満腹になるために必要な事」とは…「血糖値をゆるやかにあげ」「食べるのにプラスの気持ちを感じられるもの」だと言いました。

それは具体的にはどのようなものでしょう?


まず最初に重要なのが、0kcalのものだけ大量に食べれば満腹になるというのは間違いだということ。

例えば水や0kcalのジュースなどをがぶ飲みしていれば、満腹になると考えるのは間違いです。

確かにその時ばかりは満腹になったような気がするかもしれませんが、そんな満腹感は1時間と持続しませんよね。

つまり胃がいっぱいになれば満腹感を感じられる、という考えは間違いなんです。

普段私たちが食事をして満腹感を感じるのは、胃がいっぱいになった事実以外にも、上で説明したような色々な要素があって「おなかいっぱい」と感じることができるのです。


ダイエットで満腹感を得るためによく使われる食材として、こんにゃくやきのこ、野菜や海藻などがあります。カロリーがとても低くて、いろいろな料理に使えますし、ダイエットの味方ですね。

これらの食品も、ただカロリーが低いからいっぱい食べられて満腹感になる、というわけではないんです。

多く含まれる食物繊維のおかげなんです。

食物繊維は胃の中で水分を含んで膨張します。この膨張のおかげで、おなかがいっぱいと感じるんです。


他にも食物繊維が多くてカロリーが低い食品はよくダイエットにおススメされます。

おからもそのうちの一つです。

このおからと豆乳を使って作られたのが、豆乳クッキーです。

ふんだんに使われたおからが、水分と一緒に食べるとおなかの中で膨らんで満腹感が出ますし、食後もしばらくは空腹感に悩まされることがありません。

味のバリエーションも豊富で全6種類(プレーン、ゴマ、抹茶、チョコチップ、紅茶、オレンジ)もあり、飽きませんし、もちろんおいしいと評判です。

なんと豆乳クッキーはモンドセレクション金賞を長年獲得しています。そのことからも、味に期待が持てますよね。どの味から食べるか迷ってしまいそうですね。

こちら 誘導先へのリンク(当方が実施します。)

低カロリーで満腹感を得るための食べ方はコレ!

低カロリーな食事で満腹感を得る食べ方

満腹感を得られる食材をどのように食べればいいのでしょう?

ポイントは「食物繊維の多いものをゆっくり食べる」ことです。これに注意することで、満腹感を感じられるだけでなく、食後すぐに空腹感を感じるのを防いでくれます。


1:早食いをしない

血糖値は食後20分くらいから上昇し始めます。つまり満腹感を感じるのも20分後くらいから。ゆっくり味わって食べることで、食事そのものに対する満足感も高くなります。


2:よく噛んで

よく噛むことはダイエットにとても効果があります。

噛むことで満腹中枢も刺激されますし、それ以外にも小顔効果があったり、代謝が良くなったりと健康や美容にいい効果がたくさんあります。


3:食物繊維が多いものを

食物繊維は血糖値の急上昇を防いでくれます。

おなかの中で水分を吸収してふくらむので腹持ちも良くなりますし、その他にもお通じなど身体にいいことが多いので、意識して摂りたいですね。


これらの三つを実践することで、だいぶ変わると思います。


豆乳クッキーにはこの要素が全部そろっています。

おからをふんだんに利用したクッキーですので、水分と一緒に食べることで食物繊維の働きで満腹感が出ます。

また、満腹感も長時間続きますので、すぐにおなかがすいて我慢をしなければないこともなく、ストレスが少ないです。

独特の食べごたえがよく噛むことにつながりますので、早食いを防ぎ、よく噛むことでのいい効果も得られます。

この食べごたえが人気なのも、豆乳クッキーが売れている理由なんですよ。

この機会に、よく噛んで食べるという太りにくい食べ方を身に着けてしまうのもいいかもしれませんね。

こちら 誘導先へのリンク(当方が実施します。)

「低カロリーと満腹感」以外に重視しなければいけないものとは?

栄養素の重要性もお忘れなく!

食物繊維はダイエット中の満腹感を助けてくれるものです。ダイエットに積極的に取り入れるのはいいことでしょう。

ですが、いくら満腹になりそうなものを食べたからと言って、3食すべてを栄養が少ないものばかりずっと食べ続けるのは良くありません。


栄養不足になると身体は飢餓状態になります。

すると、身体は危険を感じて、食べるように指令を出します=食欲が増します。

さらには、食べた栄養を逃がさないようにと、溜めこみやすい身体になります=痩せにくくなります。

低カロリーも必要ですが、バランスの取れた栄養素もきちんと摂るように努力しなければいけないのです。

豆乳クッキーは1食分で1日の3分の1の栄養素は摂れるようになっていますから、その点も安心ですね。

くれぐれも摂取カロリーのカットだけに重点を置きすぎて、身体に負担をかけるようなダイエットは、あなたのためにもやめてくださいね。

こちら 誘導先へのリンク(当方が実施します。)

満腹感だけでなく「満足感」も重視して

心理的満腹感、ということを上で少し書きましたが、これは結構重要なものです。

やはり、毎日の食事が満足できないようなものばかりだと、たまるストレスは相当なもの。ずっと我慢できるものではありませんよね。

我慢に我慢を重ねるストレスが溜まって、結局は耐えきれなくなり、暴飲暴食してしまう…そしてダイエット失敗&リバウンド、となりかねません。

ダイエットに多少の我慢はつきものでしょう。ですが、ストレスが溜まりすぎるのはダイエット失敗につながるばかりか、健康や美容面への影響も考えられます。

この悪循環に陥らないように、ダイエットだからと言って我慢するばかりではなく、満足感のある食事でストレスを溜めない、ということもとても大事です。

置き換えダイエットですと、置き換え以外の食事は普通に好きなものを食べられますので、その点でもストレスが溜まりにくくていいですね。

こちら 誘導先へのリンク(当方が実施します。)

健康コーポレーションの豆乳クッキーは、おからと豆乳を使用したダイエットクッキーです。おからの食物繊維や、独特の食べごたえのおかげで腹持ちが抜群に良いと評判です。味もほんのり甘くておいしい上に、独特の噛み応えが人気で、味のバリエーションも豊富で飽きないと評価が高く、多くのダイエッターに選ばれている超ロングセラー商品です。

7年連続でモンドセレクションを受賞していることからも、豆乳クッキーの質の高さが分かります。

もちろん低カロリーですので、ダイエット中の摂取カロリーカットを大幅に後押ししてくれます。

Copyright © ダイエット中に満腹感を求めるなら低カロリーだけじゃダメ!?賢い「おなかいっぱい」の方法 All rights reserved